鹿背山倶楽部のご案内

注目

京都府木津川市(木津北地区)で活動している住民主体の里山保全ボランティア団体です。毎月2回(第二・第四土曜)、昼食も含めて約5時間活動しています。竹林整備、畑作、 ビオトープの生態系保存などの定期活動のほか、タケノコ掘り、稲刈り、餅つき大会など季節ごとのイベントも行っています。活動の詳しい内容は、「鹿背山倶楽部ニュース」で紹介しています。 下記をご覧ください。

今年の米はまずまずの収穫

鹿背山倶楽部ニュース 2016年11月-(2)号

芋煮を楽しみました

秋も押し詰まった11月26日(土)、鹿背山倶楽部11月度活動(その2)を20名の参加で行いました。

前回残ってしまった籾摺り作業は、近隣の農家の方にお願いしてやっと終える事が出来ました、今年の米の収穫量は合計82㎏でした。内訳は赤米27㎏、緑米44㎏、餅米11㎏でした。まずまずの収穫だったと思います。

緑米と餅米は12月10日の餅つき大会で使用します。餅つき用の量を見計らって取り置き、残りは会員の土産としました。

竹林の作業は前回間伐した竹の搬出でした。近く、活動エリアの休憩所をリニュアルする計画で、形の良い竹はその材料にする予定です。また竹材で、餅つき大会用の燃料作りもしました。

畑では秋ジャガとサトイモの収穫をし、玉ネギ苗とネギの植え付けも行いました。 果樹園廻りの側溝がイノシシに荒らされてしまいました。そのため、人数をかけて側溝の修理をしました。

昼食は、収穫したサトイモを使い芋煮をしました。地産のハクサイ、青ネギ、カブの青葉、シイタケも利用しました。残念ながら時間に追われ、また調理用のガスの調子も悪かったため、十分炊き込まないまま芋煮を出す破目になってしまいました。

鍋の締めはカレーうどんとしたのですが、結果的に締めの時機が残った具材を食べる最良のタイミングとなってしまいました。ホクホクのサトイモをなんとかカレー味で楽しむことができました。

次回の活動予定

次回の活動は12月10日(土)です。
親子里山農業体験の参加ご家族とともに、 恒例の餅つき大会を行います。餅つきは40㎏を予定しています。
活動は10時開始ですが、準備の都合上、会員の方は9時集合でお願いします。

 

11月26日(土)の活動記録

20161102a

間伐竹の搬出作業

20161102b

ジャガイモ堀り

20161102c

玉ねぎを植え付け

20161102d

餅つき用の燃料作り

20161102e

ひたすら野菜を刻む

20161102f

くつろいで記念写真

2016年11月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉夫妻、大坪、大森、加藤、垣見、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏}、松永、宮園(伸)、宮園(敏)、塗信、福井、松尾、菅野でした。

お知らせ

12月9日(金)に餅つき大会の準備をします。お手伝い出来る方は倶楽部イベント広場に15時集合でお集まりください。

みんなで脱穀作業をしました

鹿背山倶楽部ニュース 2016年11月-(1)号

果樹園では柿とスダチを収穫

朝晩の冷え込みを感じる季節になりました。鹿背山の木々が紅葉の錦をまとい始めた11月12日(土)、小春日和のもと、鹿背山倶楽部11月度活動(その1)を24名の参加で行いました。

今回は前回刈った稲の脱穀、籾摺りを行いました。稲刈りに参加された「プチ農業体験」の皆さんにも関心を持って頂いたようで、2家族6名の方にボランティアでお手伝いを頂きました。みんなで一緒に作業を行いました。

前日まで、あいにくの雨にたたられ、稲架に掛けていた稲にシートを掛けたり、外したりと、ここまでの管理が大変でしたが、なんとかこの日を迎えることが出来ました。

脱穀機は前日に点検と整備が済ませていましたので順調に作業ができましたが、籾摺機は古くてなかなか言うことをきいてくれません。何度か修理を試みましたが、ついにギブアップ。籾摺りの方は断念せざるを得ませんでした。近いうちに、懇意にしている農家の方にお願いする予定です。

畑ではサツマイモ掘り、キャベツの植え付けと大根、白菜の追肥などをしました。サツマイモの収穫もでき、収穫後の耕転を行いました。

今回はサツマイモのほかに、果樹園の富有柿,スダチも収穫できました。参加者の手土産としました。

昼食はチーフ欠席のため簡単な昼食となりました。天ぷらうどん、おにぎりと炊き込み御飯、デザートは会員差し入れの柿でした。

次回の活動予定

次回の活動は11月26日(土)です。
冬野菜の植え付けと竹林整備などを行います。

 

11月12日(土)の活動記録

1611-g

脱穀作業

1611-a

稲を運ぶ作業

1611-b

籾摺り作業

1611-d

果樹園でスダチを収穫

1611-e

冬野菜の植付け準備

1611-f

みんなで記念写真

2016年11月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、加藤、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(良)、前田(敏)、宮園(敏)、山村、登丸、菅野と、プチ農業体験ご参加の藤井さん、川口さんご家族、それに木津川市木津北地区保全推進室の松本室長でした 。

親子で稲刈りにチャレンジ

鹿背山倶楽部ニュース 2016年10月-(2)号

2種類のすき焼きに舌つづみ

稲刈りの季節がやって来ました。鹿背山倶楽部では、10月度活動(その2)として、10月22日(土)に、33名の参加で稲刈りを行いました。当日は「親子里山プチ農業体験」の4家族13名のご家族にも参加していただきました。たくさんの参加者で、にぎやかな稲刈りとなりました。

稲刈りを始める前に、冬眠前に活動が盛んとなる「マムシ」の被害にあわない様、注意して田んぼの中を見回りをしました。その時は特に変わりはありませんでしたが、稲刈りを始めてすぐ「マムシ」を発見しました。会員がすぐ退治をして、おかげで何事もなく無事作業を終えることが出来ました 。

稲を刈る人、稲を束ねる人、稲架を作る人、稲架に稲束をかける人。さまざまに楽しみながらの作業でした。 子供たちもぬかるむ田んぼに入って大活躍の様子でした。

昼食は、牛肉と猪肉の、すき焼き2種類をつくりました。猪肉は里山保全の取り組みをしている、馴染みの猟師さんからご提供いただきました。親子里山農業体験の参加者の皆さんには猪肉は初体験という人もいましたが、みんな積極的に猪肉にトライしていただきました。「猪肉の方がいい」「私はやっぱり牛肉がおいしい」などと、思い思いにすき焼きを楽しんでいただくことができました。

すき焼きに合わせ、ご飯、サラダとともに、鹿背山産の里芋をきぬかつぎにして、また鹿背山産の柿はサラダに添えていただきました。里山の秋の恵みに感謝です。

昼食後には、農業体験で活躍してくれた子供たちと一緒に芋掘りをしました。芋が顔を出すたびにあちこちで歓声が上がります。保護者の皆さんも楽しそうでした。

こうして、年に1度の稲刈りも無事終え、記念写真を撮って解散としました。次回の農業体験は12月に餅つきを予定しています。また大勢の参加を期待しています。

次回の活動予定

次回の活動は11月12日(土)です。
脱穀、籾摺り、電気柵の撤去などの作業を行います。

 

10月22日(土)の活動記録

1610-2a

お父さんといっしょに

1610-2b

お母さんと、はい!ポーズ

1610-2c

手分けして着々と進む

1610-2d

マムシを退治した!

1610-2g

 刈り終わって記念撮影

1610-2e

稲架掛け作業

1610-2f

稲架を作りました

1610-2h

 昼食は大勢ですきやき

1610-2i

こんなふうに掘れました

1610-2j

最後にみんなで集合写真

2016年10月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉夫妻、大坪、大森、加藤、児嶋、坂本、西田、西村、橋場、前田(敏)、松永、宮園(伸)、山村、塗信、登丸、松尾、菅野と、「親子プチ農業体験」の紙谷、藤井、川口、三宅様ご家族、木津川市から木津北地区保全推進室の松本室長でした 。

秋晴れの下で稲刈りの準備をする

鹿背山倶楽部ニュース 2016年10月-(1)号

今年最後のゴーヤを楽しみました。

久し振りの秋晴れが広がった10月8日(土)、鹿背山倶楽部10月度活動(その1)を22名の参加で行いました。

今回は次回に行うイベント、親子里山農業体験などの稲刈りの準備が主な作業となりました。訪れて来る子どもたちが困らないよう、ビオトープ周りの草刈りを行い、また導水管の点検と修理もしました。

畑では前回種まきをした大根、白菜の防虫対策として寒冷紗によるトンネル掛けを行い、ホーレン草の種まきなどもしました。収穫はゴーヤ,冬瓜、ピーマン、シシトウで、いつも通り会員の土産としました。

水田では稲刈りの準備のため、水田の水切りと水田周りや畦道の草刈りを行いました。

竹林整備も行いました。主な作業は、竹林の下草刈り、稲架掛け用の竹の伐採と運び出しでした。

昼食には収穫した今年最後となるゴーヤと冬瓜を活用しました。ゴーヤは夏場の昼食には何度も登場して、皆さん、やや食傷気味。変わった調理法の一つとして、ゴーヤとナスと豚肉の煮物を作って見ました。ゴーヤは輪切りにして、中のワタも一緒に煮込みます。豚肉は、脂肪分の多い豚トロ焼肉用を使用してみました。最初にゴーヤを充分炒め、あとは一緒に醤油ダシで煮込むと、苦味が隠れた味に仕上がります。

冬瓜は、鶏肉とトマトの味付けをベースに柔らかく茹でた素麺を加えスープ仕立てにしました。

次回の活動予定

次回の活動は10月22日(土)です。
待望の稲刈りです。「親子里山農業体験」参加の三家族と一緒に稲刈りをします。ふるってご参加下さい。

10月8日(土)の活動記録

1610-c

畔の草刈り

1610-a

竹の搬出作業

1610-b

防虫用のネット掛け

1610-f

白菜の追肥

1610-e

ホーレン草の種まき

1610-d

今日の昼食

1610-g

昼食風景

1610-h

集合写真

2016年10月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、垣見、加藤、坂本、田渕、中尾、西田、西村、橋場、前田(敏)、前田(良)、山村、塗信、福井、松永、宮園(伸)、登丸、松尾、菅野でした。

台風の季節の合間、秋を感じた活動日でした

鹿背山倶楽部ニュース 2016年9月-(2)号

導水管の修理やイベント広場の草刈りなどをしました。

台風の季節の合間、秋の気配も強まり始めた9月24日(土)、鹿背山倶楽部9月度活動(その2)を16名の参加で行いました。

9月18日(日)には、木津川市が主催する「みもろつく鹿背山 里山学校」の行事で鹿背山倶楽部の畑を使い、大根の種まき、白菜苗の植え付けなどの畑作体験と、稲刈りに使う稲架の作り方などを体験してもらいました。

水田では6月に田植えをした古代米の穂も出揃ってきました。あとは10月の稲刈りを待つばかりです。また、前回の活動報告で紹介したスズメバチの巣を解体してみました。三層の巣ができており、スズメバチの幼虫がぎっしり詰まっていました。

畑では白菜苗の植え付けと、大根の種まき、畑廻りの草刈りをしました、収穫はゴーヤ、ナス、ピーマン、シシトウ、オクラでした、これは会員の土産として持ち帰ってもらいました。

その他の活動としては、ビオトープへの導水管の修理とイベント広場の草刈り、電気柵周りの草刈りを行いました。また、竹林整備は下草刈りと枯れ竹の搬出、焼却もしました。

昼食はチーフ欠席のため簡単な昼食となりました。おにぎり、炊き込みご飯、うどんを楽しみ、デザートは会員差し入れの柿を皆で味わいました。

次回の活動予定

次回の活動は10月8日(土)です。
繁茂する雑草の刈り取りと、竹林整備、稲刈りの準備などを行います。

9月24日(土)の活動記録

1609-2f

里山学校での野菜植付け

1609-2b

三層のスズメバチの巣

1609-2a

導水管の修理

1609-2d

 畑での作業

1609-2c

イベント広場の整備

1609-2e

にぎやかな昼食風景

1609-2g

竹林の整備作業

1609-2h

会員の集合写真

2016年9月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、垣見、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏)松永、宮園(敏)、塗信、登丸、菅野でした。

稲はすくすくと育っています。

鹿背山倶楽部ニュース 2016年9月-(1)号

ズイキの煮物を味わいました

残暑の続く日々ですが、鹿背山の里にも赤とんぼが群舞しはじめました。やっと秋の気配が姿を見せ始めた中、鹿背山倶楽部9月度活動(その1)を9月10日(土)に19名の参加で行いました。

活動日に先立つ9月5日(月)に、城山台小学校の3年生54名が引率の先生5名とともにビオトープの観察に来てくれました。子供たちはメダカ、ドジョウ、川エビなど多様な水生生物を網ですくっては歓声をあげていました。また会員が育てている日本蜜蜂の巣箱にスズメ蜂が巣を作りました。大変危険なため、急ぎ市役所に連絡してスズメ蜂を退治して頂きました。

大雨と猪の獣害により田畑に導水するための水路が荒らされていたため、10日の活動日にはその修理をしました。ビオトープの漏水箇所の修理も行い、周辺の草刈りをしました。果樹園の草刈りもおこないました。

水田では雑草取りと水量の調整、獣害防止の電気柵の点検を行いました。6月に開催した「親子里山農業体験・田植え」に参加していたご家族が、稲の育ち具合を見に来てくれました。水田は水の管理に苦労しましたが、なんとか長丁場の夏を乗り切り、いよいよこれから実りの秋を迎えます。10月下旬に予定している稲刈りのイベントが今から待ち遠しく感じられます。

竹林では伐採と枯竹の撤去、整備を行いました。伐採した間伐竹は稲刈りの際、稲架掛けの資材として使用する予定です。

畑では秋ジャガ芋の植え付けと、聖護院カブ、小カブ、ホウレン草の種まきをおこないました。収穫した夏野菜はゴーヤ、ナス、白ナス、シシトウ、オクラでした。これは会員の土産としました。

昼食は、担担麺風のうどんと野菜の煮物、ごはんでした。煮物は、会員持参のズイキ(エビイモのズイキです)と、収穫したナス、白ナス、シシトウ、シイタケ、それに厚揚げを加えてつくりました。味わい深いズイキを楽しむことができました。うどんの担担麺風は、キュウリのせん切り(18人分で10本のキュウリを刻みました)にかなり時間を取られてしまいましたが、配膳、盛り付けに皆さんのご協力をいただき、なんとか間に合わせることができました。

次回の活動予定

次回の活動は9月24日(土)です。
秋野菜の植え付け、ビオトープへの導水管の一部取替え作業、草刈りなどを行います。

9月10日(土)の活動記録

1609-aa

小学3年生のビオトープ観察

1609-ab

スズメ蜂を退治

1609-b

水路の修理作業

1609-d

秋ジャガ芋の植え付け

1609-f

秋野菜の種まき

1609-c

果樹園の草刈り

1609-g

竹林の整備作業

1609-h

集合写真

 

2016年9月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、垣見、加藤、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏)、前田〈良)松永、宮園(伸)、山村、福井、登丸、松尾、菅野でした。

 

多種多様な夏野菜の差入れに感謝です

鹿背山倶楽部ニュース 2016年8月-(2)号

電気柵の修理をおこないました

連日の日照りが続き、水田の水量管理が気になり始めた8月27日(土)、鹿背山倶楽部の8月度活動(その2)を16名の参加で行いました。

活動エリアのそばを流れる中切川の水量も乏しくなってきました。うだる様な暑さが続いています。この時期、活動時間は午前9時から12時までの3時間で、昼食後の午後の活動は特に設定していませんが、連続した3時間の屋外活動はなかなかハードです。昼前には早々と切り上げる姿もみられました。無理は禁物。木陰でのおしゃべりで元気回復する様子が印象的でした。

繁茂する雑草との戦いで、倶楽部の刈払機はフル稼働です。イベント広場、果樹園、通路など、広範囲に草刈りを行い、やっと暑苦しい景色から解放されることができました。

水田では漏水箇所を修理しました。水田周りと畦道の草刈りも行いました。水田に防獣対策として電気柵を設置していましたが、害獣と思われる何者かに電線が切断されてしまいました。このため電線の修理を行いました。

畑では秋野菜の植え付け準備として石灰と堆肥を入れ、耕運機による耕転作業も行いました。また夏野菜の収穫も行いました、ナス、白ナス、ゴーヤ、カボチャ、冬瓜と多種多様。会員の土産として喜ばれました。

昼食はこの時期定番のそうめんとジャコごはん、それに夏バテ防止に酢豚をつくり、ワサビ菜のサラダを添えました。酢豚は豚肉とニンジン以外の野菜を持ち寄りで調達できました。サラダのワサビ菜とプチトマトも差入れで賄うことができました。豊かな食材の数々に感謝、感謝です。

今回は鹿背山産のハチミツも登場しました。酢豚の隠し味に使い、薄焼きせんべいに垂らして、みんなで試食してみました。あっさりとした薄味のハチミツが出来上がっていました。薄味は、この時期花が少なかった鹿背山の里山のせいだったのかもしれません。

次回の活動予定

次回の活動は9月10日(土)10時からです。水田周りの点検と草刈り、秋野菜の植え付け準備と竹林の整備をおこないます。
9月からは活動時間が変わります。10時から15時までとなります。お間違いのない様に。

8月27日(土)の活動記録

1608-2A

畑の耕転作業

1608-2B

イベント広場の草刈り

1608-2C

獣害防止のため電気柵を設置しました

1608-2D

切られてしまった電気柵を修理

1608-2F

田の漏水箇所を修理

1608-2E

灯篭の廻りもきれいになりました

1608-2G

夏野菜の収穫

1608-2H

昼食後の集合写真

 

2016年8月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉、垣見、坂本、藤原、田渕、西田、西村、前田(敏)、松永、宮園(敏)山村、福井、松尾、菅野、と1日体験として参加の登丸さんでした。

 

猛暑の中での草刈りでした。

鹿背山倶楽部ニュース 2016年8月-(1)号

刈り払い機を動員して一斉に取り組む

連日続く猛暑の中、鹿背山倶楽部の8月度活動(その1)を8月13日(土)に13名の参加で行いました。

うだる様な暑さです。その中で繁茂する雑草との戦いとなりました。この時期の草刈りは、なるべく広範囲を、なるべく効率よく取り組むことがカギとなります。水田廻りのあぜ道、歩経路、休憩所、イベント広場など、刈り払い機を動員して一斉に取り組みました。あちこちで草刈り機がうなりを上げて活躍し、蝉しぐれを聞くようなにぎやかさとなりました。

畑では草取りのほかに、秋野菜の植え付け準備をしました。雑草防止対策として、畝のマルチングをしました。今回の収穫はゴーヤ、ナス、ピーマン、シシトウ。これは会員の土産として持ち帰ってもらいました。

昼食は、今回はチーフ欠席のため簡単なものにしました。そうめん、にぎり飯とデザートにはアイスクリームを準備しました。やはり酷暑の時期にはソーメンが良い様です、皆さん大満足の様子でした。

次回の活動予定

次回の活動は8月27日(土)午前9時からです。
草刈機による草刈と水田廻りの防護ネットの修理など予定しています。

8月13日(土)の活動記録

1608-A

休憩所付近の草刈り

1608-B

イベント広場の草刈り

1608-G

歩経路の草刈り

1608-C

畦道の草刈り

1608-E

日陰で刃砥ぎ

1608-D

畑の草取り

1608-F

夏野菜の植え付け準備

1608-H

休憩時の集合写真

 

2016年8月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

和泉、大坪、垣見、坂本、田渕、西田、西村、松永、宮園(伸)、山村、前田(敏)、藤原、菅野でした。

 

お知らせ

先日帰国して鹿背山倶楽部に復帰された前田敏機さんのJICAボランテア帰国報告会が開催されます。皆さま奮ってご参加ください。なお、前田さんの講演は13:15から14:30ごろの予定です。

報告会日時:8月24日(水)13:00~16:00

会 場:精華町役場 交流ホール 会場C(精華町南稲八妻北尻70)

繁茂する雑草と戦う

鹿背山倶楽部ニュース 2016年7月-(1)号

バーベキューを楽しみました。

関西地区の梅雨も明け、猛暑の季節がはじまった中、鹿背山倶楽部の7月度活動(その1)を7月23日(土)に16名の参加で行いました。前回は、早朝からの雨にたたられ、屋外での作業を中止したため、今回が7月度の一回目の定期活動となりました。

JICA(国際協力機構)の仕事で2年半セルビアに行っていた会員が帰って来ました。国際ボランティア活動の経験も豊富で、旅慣れた人ですが、任務を終えての帰国に当たり、先日のトルコ、イスタンブール空港爆破事件に巻き込まれてしまいました。運悪く事件の影響で2日間足止めされましたが、無事帰国出来たとのこと。何よりでした。本当に長い間ご苦労様でした。

お土産としてセルビア産のアフリカティーという紅茶とクルミを頂きましたので、さっそく香り高いティーを味わい、クルミは炊き込みご飯の具材として使わせて頂きました。いずれもなかなかの味と香りを楽しめました。

今回は暑気払いとして昼食はバーベキューとしました。ドリンクはノンアルコ-ルで、少し物足りない様子も伺えましたが、美味しいお肉と採れたての野菜の炭火焼きには満足の様子でした。

今回は夏時間のため、作業は12時までに終える予定でしたが、前回雨で活動ができなかったためか、田んぼの雑草が異様に繁殖しており、止むを得ず午後からも田の草取りを継続しました、猛暑の中大変ご苦労様でした。今後は田んぼの土用干しをする予定です。

畑では草刈りと2回目のキュウリの苗の植え付けをしました。夏野菜の旬の季節となり、収穫もキュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、ゴーヤと多彩でした。一部はバーベキューの食材とし、あとは会員の土産としました。

草刈りはイベント広場、休憩所付近などを行いました。今年も生い繁る雑草との戦いにはなかなか厳しいものがあります。もうひと頑張りして、秋には美しい田園風景を楽しみたいものです。

次回の活動予定

次回の活動は8月13日(土)午前9時からです。
畑、水田周りの草刈りと竹林整備などを行います。暑い中の作業と思われますが、体調に気をつけて、多数の参加をお待ちします。

7月25日(土)の活動記録

1607-A

田の草取り

1607-B

水生の雑草をていねいに除く

1607-G

畑の草取りも

1607-C

 収穫した野菜を下ごしらえ

1607-D

いよいよ肉が焼きあがる

1607-E

みんなで乾杯

1607-H

アフリカティーと会員養蜂のはちみつ

1607-F

集合写真

 

2016年7月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、垣見、加藤、児嶋、坂本、西田、西村、橋場、前田〈良)、前田(敏)、松永、塗信、松尾、菅野でした。

長雨の間隙での活動でした

鹿背山倶楽部ニュース 2016年6月-(3)号

ヨモギ餅などをつきました

梅雨の長雨がひと休みの気配となった6月25日(土)、鹿背山倶楽部6月度活動(その3)を会員19名の参加で行いました。当日は今年都市再生機構に入社したばかりの4名の新社会人も参加していただき、餅つきなどを行いました。

前夜までの大雨で、現地を流れる中切川の一部が氾濫、枯れた竹やゴミが散乱してため、その片付けから作業を始めました。

今回は、前回の活動日に行った田植えが無事終了したことと、合わせて今年の豊作を祈願するため、餅つきをしました。餅の量はヨモギ餅を二臼と白餅を一臼。若干少なめの量でしたが、昼食と手土産には十分な量でした。昼食はアンコ餅、納豆餅、おろし餅などにしてたべました。

畑では、前回植え付けたサツマイモのマルチングとゴーヤの棚作りをしました。また、手作業による草取りとジャガ芋の収穫をしました。収穫したジャガ芋は、餅とともに手土産としました。

なお、翌日の6月26日(日)には、当倶楽部の活動地にて、森林・山村多面的機能発揮対策事業のイベントとして現地見学会・安全講習会を行いました。当日は京都府ならびに京都モデルフオレスト協会の関係者5名と8団体30名の参加がありました。鹿背山倶楽部の整備区画の状況を視察してもらい、あわせて、整備作業のための安全講習を実施しました。

次回の活動予定

  次回の活動は7月9日(土)午前9時からです。
夏野菜の手入れと水田周りの草刈り、竹林整備なとを行います。
いよいよ7月です。7月、8月は夏時間対応としていますので、作業時間は9時
~12時です。昼食後解散となります。

6月25日(土)の活動記録

1606-2A

餅つきシーン①

1606-3B

餅つきシーン②

1606-3C

ゴーヤの棚作り

1606-3D

ジャガイモ堀り

1606-3E

集合写真

1606-3F

安全講習会の模様

 

2016年6月「鹿背山倶楽部活動」(その3)参加者

青葉、和泉夫妻、大坪、垣見、加藤、坂本、田渕、中川、西田夫妻、西村、松永、宮園(伸)、塗信、福井、藤原、松尾、菅野とUR都市再生機構の新入社員4名でした。

 

お知らせ

本文中にも紹介していますが、次回の活動日から夏時間となりますので集合時間は午前9時です。お間違いのないようご注意下さい。