鹿背山倶楽部のご案内

注目

京都府木津川市(木津北地区)で活動している住民主体の里山保全ボランティア団体です。毎月2回(第二・第四土曜)、昼食も含めて約5時間活動しています。竹林整備、畑作、 ビオトープの生態系保存などの定期活動のほか、タケノコ掘り、稲刈り、餅つき大会など季節ごとのイベントも行っています。活動の詳しい内容は、「鹿背山倶楽部ニュース」で紹介しています。 下記をご覧ください。

水田や畑を全員で除草

鹿背山倶楽部ニュース 2017年7月-(2)号

夏野菜の収穫が始まりました

梅雨が明けた猛暑の中、鹿背山俱楽部7月度活動(その2)を7月22日(土)、13名の参加で行いました。

夏場の作業が遅れ気味で、水田や畑、活動エリア周辺に雑草が目立ってきています。当日は午前中で作業終了ということもあり、水田を中心に全員で雑草の処理を中心に行いました。

水田では手作業での草取りを行いました。一列に並びながらの作業でしたが、予定の一時間を超え、少々辛い気持ちも味わいながら、なんとか午前中に終えることができました。水田では農薬を使っていないため、作業は大変ですが、秋には豊かな実りを期待しています。

畑も除草が作業の中心でしたが、遅れていた夏野菜の収穫を始めることができました。ゴーヤ、白ナス、ナス、トウガラシ、ピーマンなどが収穫できました。さっそく味噌炒めにして昼食でいただきました。

イベント広場、ビニールハウスやその周辺部の除草も行いましたが、こちらは草刈り機を使っての作業となりました。草刈り機には混合油を満タンにして二回分、2時間弱の作業となりました。

昼食はそうめん、夏野菜の味噌炒め、卵とトマトの中華風炒め物を作りました。喉越しの良いそうめんと、夏バテ対策のエネルギー源となる炒め物の組み合わせ。それなりの出来栄えであったかと思いました。

昼食後は、木蔭でデザートのオレンジとコーヒー、袋菓子をいただきながら、よもやま話に花を咲かせました。この時期、作業は手際よく済ませ、涼を求めながらゆったりと過ごすのもひとつのぜいたくではないでしょうか。

次回の活動予定

次回活動日は8月5日(土)です。繫茂する雑草の刈払機による草刈りなどをおこないます。

7月22日(土)の活動記録

水田で一斉に草取り

イベント広場の除草

 

成長するカボチャ

 

収穫したナスとシシトウ

昼食後の団らん

 

集合写真

2017年7月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、大坪、大森、加藤、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏)、松尾、松永、菅野でした。

 

◎お知らせ

♢8月からは毎週土曜日が活動日となります。当面の間、昼食はありませんので、お弁当持ちでお願いします、コーヒー、お茶用にマイカップもお持ちください。

 

♢暑気払いを行います。
日時:8月5日(土)17時から
場所:高の原「テバス」コスモス館1F
会費:2,000円
駐車場:あります。

 

 

水草カッターで水田を除草

鹿背山倶楽部ニュース 2017年7月-(1)号

土曜日を自主活動日と定めました

梅雨の合間、今年一番の猛暑となった7月8日(土)、鹿背山倶楽部7月度活動(その1)を17名の参加で行いました。ビオトープの周りにはアジサイの花か咲いています。レンコン畑にはハスの花も咲き、活動地は夏の花や青葉の勢いが目にまぶしい季節となりました。

例年、7月と8月は夏時間となります。作業は午前中いっぱいの作業を原則としています。今回も作業は午前中で終え、午後には役員会を開催しました。

畑の作業は今回も除草が中心となりました。あわせて、背丈が伸び始めたゴーヤ、ハヤトウリなど夏野菜の棚作りをしました。

水田では田の草取りをしました。今回は、新兵器「水草カッター」を使用して行いました。「水草カッター」は刈払機の先端に専用の刃を取り付け、水田の土をかき混ぜながら雑草を浮かせて除草するものです。除草作業は、稲と稲の間を押しながら進めて行きますが、慣れるまでは少々難しいとの印象を持ちました。

竹林整備も行いました。これから予想される梅雨の大雨に備え、排水溝の整備を中心におこないました。

しばらく休んでいましたが、倉庫の建て替えも再開しました。今回は屋根に使用する竹材の整理作業が中心でした。酷暑期ですが、少しづつ作業を進めていく計画です。

酷暑期といえば、昼食は喉越しのよいソウメンを連想しますが、今回はソバにしてみました。冷やしソバはあまりつくりませんので、量がよく分からず、一人当たり乾燥蕎麦200グラムの購入としましたが、結果的に作りすぎでした。乾燥蕎麦の分量はスパゲティ並みに120グラム程度が良いようです。おろし大根とトロロの山かけ(マグロ高騰につき、カツオタタキで代用しました)にして楽しみました。ジャガイモとタマネギのカレー風味炒めは、パンチが効いて評判はまずまずでした

昼食後は、屋外作業は行わずに散会。今後の運営を協議するために役員会を開催しました。役員会の中では、従来の第2、第4土曜日の定期活動日に加え、それ以外の土曜日を自主活動日として、毎週土曜日に活動することとしました。自主活動は8月からのスタートです。原則として昼食は準備しません。

特に夏場は作業が多く、月2回の定期活動だけでは作業がこなせなくなっています。定期活動日以外の土曜日で参加できる会員がおられましたら、是非積極的に参加していただくようお願いします。

次回の活動予定

次回活動日は7月22日(土)です。畑の草取り、水田周りの草刈り、倉庫の建て替え、ビオトープ導水管の取り替えなどを行いいます。

7月8日(土)の活動記録

水草カッターによる除草

水草カッター

ビオトープに咲くアジサイ

排水溝の整備

倉庫の建て替え

畑の草取りと棚作り

昼食の配膳

集合写真

2017年7月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、垣見、坂本、田渕、西田、橋場、前田(敏)、前田(良)、松尾、松永、山村、塗信、福井、菅野でした。

 

◎お知らせ

当日午後から役員会を開催しました。役員会の主な決定事項などは次の通りです。

1、役員の業務分担を決め、各担当役員ごとの責任分担制としました。

2、現在の定期活動日(第2、第4土曜)に加え、それ以外の土曜日を自主活動日とします。8月からの実施です。

3、朝礼時に、その日の主要な活動内容を担当役員ごとに発表し、会員の協力を募ることにしました。

4、次期会長の選出についての意見表明がありました。

 

繁茂した雑草刈りに取り組む

 

鹿背山倶楽部ニュース 2017年6月-(2)号

本部サイトの屋根を張り替えました

梅雨の長雨シーズンを前にした6月24日、鹿背山倶楽部の6月度活動(その2)を18名の参加で行いました。雨の降らない暑い1日でしだか、繁茂する雑草の草刈りを中心とした作業を行いました

梅雨期の里山では草刈りが大きなテーマです。草刈りが十分できないまま盛夏を迎えてしまうと、大人の背丈ほどに伸びた雑草がジャングルのように生い茂り、手に負えなくなってしまいます。適切な時期に適切な手を加え続けることで、良好な里山の環境が保たれるのです。刈り払い機の事前整備も行なって、当日は5台の刈り払い機を動員しての作業となりました。

イベント広場、本部サイト、ビオトープ、果樹園の周りを丁寧に除草していきました。また、周辺に雑草が目立ってきた畑の周りの除草にも取り組みました。

本部サイトでは屋根に使用していたシートの取り換えをしました。これまで使用していたシートの劣化が目立ってきており、雨期を前にした雨対策の一環です。今までのシートは二枚張りでしたが、新たなシートは一枚もの。縦5メートル、横10メートルほどもあり、人数を掛けての作業となりました。

畑ではジャガイモの収穫をしました。サツマイモのマルチングやゴーヤの棚作り、収穫後の畝では耕運機による土起こしもしました。

水田では前回田植えした苗がすくすくと育っています。今が水の管理が大事な時です。水路を丁寧に点検し、水田廻りの防獣網の撤去と支柱の撤去も行いました。

昼食は盛夏の定番、そうめんの登場となりました。今回は豚肉と夏野菜の味噌炒め、茹でたジャガイモバター添え、プチトマトをつけました。今回、そうめんがメーンとなりましたので、初のトライアルとして、ご飯は三合だけ炊き、希望する人には自分でよそおってもらうことにしました。それでも大半のご飯が余りました。1〜2合くらいが適量なのかもしれません。

炊事は、URの若手職員、木村さんと木村くん(なぜか同じ姓、ご兄弟ではありません)のお二人に手伝っていただきました。あまり調理をすることはないというお二人ですが、包丁捌きはなかなか堂に行ったもの。おかげ様で、いつもよりスムーズに、12時前には昼食が完成しました。

URの若手二人のてきぱきとした働きを眺めながら感じたのですが、最近の当倶楽部の活動ぶり、少々人任せのお客さん気分が強くなりすぎているのではないでしょうか。当日、会員が気持ち良く作業にかかれるようにと、会長はじめ一部の会員の方には、他の会員の目に見えないところでいろんな負担をしてもらっています。このままでは、当倶楽部の活動がうまくいかなってしまうことも予想されます。

幹事さんを中心に、会員が手分けして裏方業務も分担し、みんなで気持ち良く活動を支えられるよう、今一度みなさんにも考えていただく必要があるのではと感じました。

次回の活動予定

次回の活動は7月8日(土)です。
この時期繫茂している雑草の草刈りを中心に行います。また、畑では秋野菜の植え付け準備などを予定しています。

6月24日(土)の活動記録

20170602A

防獣網の撤去

20170602B

サツマイモのマルチング
20170602C

ゴーヤの棚作り

20170602D

刈払機による草刈り

20170602E

昼食の準備

20170602F

張り替えたシートの前で記念写真

2017年6月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、大森、加藤、坂本、藤原、田渕、中川、西田、西村、橋場、前田(敏)、松尾、松永、宮園(伸)、宮園(敏)、菅野とURから特別参加として木村さんと木村君でした。

お知らせ

7月、8月は夏時間となります。9時から12時です。お間違いのないように気を付けでください。
また7月8日は役員会を13時から行います。役員の方は必ずご出席下さい。

 

04

親子里山農業体験を開催

鹿背山倶楽部ニュース 2017年6月-(1)号

大勢で田植えをしました

関西に梅雨入りが報じられた週末の6月10日(土)、鹿背山倶楽部6月度活動(その1)を合計41名の参加で行いました。毎年恒例の親子里山農業体験の第一回目、田植えの実施とあって、大勢の参加者で賑わいました。

当倶楽部の活動地内ではミツバチが巣箱を出入りしはじめています。竹林には今年もカルガモが巣を作りました。フクロウは子育てを終わったようですが、シジュウカラも巣を作り始めました。

カスミサンショウウオは3センチ程に成長しました。里山は今が一番活気のある季節です。

当日は、雨の降る気配も見られず蒸し暑い中、田んぼの水は心地よく、水田の土のぬるっとした感触を楽しみながらの田植えとなりました。田植えは、一株ごとの手植えによる作業ですが、大勢のマンパワーの力はすごい。ほどなく、午前中で田植えを終えることができました。

昼食は、トマト風味のカレーライス、野菜スープ、ポテトサラダ、グリンピース入りスクランブルエッグ、豚肉焼きとしました。40名近くの昼食準備はめったにないことですが、皆さんの協力もいただき、12時過ぎには準備を終えることができました。

午後からは、ジャガイモとタマネギの収穫を行い、取れた野菜は、皆さんの土産としました。 子供たちが大きなジャガイモに取り組む姿はほほえましいものでした。

雑草の繁茂も始まっています。畑の草取りと果樹園の下草刈りを行いました。

夜は有志でキャンプ。ホタルの観察会を行いました、田んぼの周辺では、沢山のゲンジボタルが夜空を乱舞していました。無農薬による水田耕作の成果を実感する事が出来ました。

次回の活動予定

次回の活動は6月24日(土)です。
田んぼ周辺への防護網の片付け、畑の草取り、ビオトープ用の導水管取り換え、倉庫の建て替えなどを行います。

6月10日(土)の活動記録

201706F

一列に並んで田植えの開始

201706J

泥のぬるぬるが気持ちいい

201706I

大きなお芋が顔を出すかな

201706H

みんなで記念写真

201706E

シジュウカラの営巣

201706B

フクロウの子供

201706A

ミツバチの巣箱

201706C

カスミサンショウウオ

201706D

カルガモの卵

201706G

ゲンジボタル

2017年6月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、加藤、児嶋、坂本、中川、西田、西村、橋場、前田(敏)、前田(良)、松尾、松永、宮園(伸)、宮園(敏)、塗信、福井、高以良、菅野とURから応援として赤井さん親子、高橋さん、加藤さん。親子里山農業体験の、藤吉、川澄、田畑,土肥、奥田さん各ご家族、計18名でした。

お知らせ

6月24日(土)の活動日には、役員会を行います。役員の方は必ずご出席下さい。

 

田植えの準備が進む

鹿背山倶楽部ニュース 2017年5月-(1)号

アラカシの巨木を伐採しました

青葉が目にしみる季節となった5月27日(土)、鹿背山倶楽部の5月度活動(1)を20名の参加で開催しました。前回5月13日が降雨の影響で活動中止となり、今回が5月度第1回目の活動日となりました。

水田は、いよいよ田植えの時期が近づいてきました。今回は土手の草刈りと水田の耕運をしました。田んぼ3枚での作業でしたが、耕運機を二台使用したため、作業がはかどりました。近く水を入れ、田植えに備えることとしています。

畑でも、草刈りや草抜きが中心の作業となりました。サトイモやナスはすくすくと育っています。周辺の草刈りを行い、追肥を施しました。

サツマイモの植付け準備のほか、夏野菜のオクラ、トマトの植付けをしました。また、ハヤトウリと白ナスの植付けもしました。この苗は会員が持ち込んでくれました。タマネギを収穫し、これは会員の手土産としました。

このところ作業を続けている活動エリア北側谷筋の整備を今回も行いました。枯木の除去や草刈りが作業の中心となりました。

北側山塊の斜面では竹を適度に伐採し、日光が入り込むようになっています。しかし、更に見通しを良くするため、斜面入口にどんと聳えていたアラカシの巨木を伐採することとしました。倒木用のロープを掛け、チェーンソーで伐採に取り掛かりましたが、チェーンソーの調子が悪くはかどりません。やむなく、会員が手引きのノコギリで巨木に挑戦。30分以上も掛けて、見事に一人で伐採に成功しました。倒木の瞬間は、地響きが起こり、他のエリアで作業していた会員が何事かと、振り向いて眺めていました。

昼食は久しぶりの鰻丼とソウメンスープを作りました。鰻は2センチ幅にカットし、炊き上がったご飯の上に置き余熱で蒸します。鰻の頭部、しっぽの部分は細かくカットし、刻みアナゴとともにタレを和え、炒りごま、オオバと一緒にご飯に混ぜ込んで完成です。味は評判で、「年に一度と言わず、また作って欲しい」との声が。分かりました、そのようにいたしましょう。

次回の活動予定

次回活動は6月10日(土)です。プチ里山農業体験の参加家族の皆さんとともに田植えをします。午前中は苗取り、午後からが田植えです。
当日は10時集合予定ですが、都合のつく方は、準備、整理のため少々早めにおいで下さい。

5月27日(土)の活動記録

201705B

二台の耕運機で田おこし

201705G

田おこしと草刈りの模様

201705H

あとは水を入れ、田植えを待つばかり

201705A

タマネギの収穫

201705D

成長を始めた夏野菜

201705C

廃木などを焼却した

201705F

谷筋の整備が進む

201705X

巨木を見事に伐採

201705E

鰻とソウメンスープの昼食

201705K

最後に記念写真

2017年5月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

大坪、大森、垣見、加藤、児嶋、坂本、杉崎、田渕、中川、西田、西村、橋場、福井、藤原、 前田(良)、 松尾、松永、宮園(伸)、 宮園(敏)、山村でした。

 

◎お知らせ

6月3日(土)は、代かきなど田植えの準備を行います。お手伝いできる方はぜひご参加お願いします。当日の昼食は用意します。

2016年度総会を開催

鹿背山倶楽部ニュース 2017年4月-(2)号

春の里山で懇親会を開催しました

春もたけなわとなった4月22日(土)、鹿背山倶楽部の2016年度総会を31名の参加で開催しました。初めての試みとして、当俱楽部の活動エリアでの開催となり、総会後の懇親会もアウトドアで楽しむことができました。

当日は幸いにも好天に恵まれ、10時からの開催を前に、会場を設営する人、会場周辺の清掃と焼却をする人、当日足のない会員のために送迎に出向く人など思い思いに準備をしていただきました。

総会では、前期の活動報告、今期の活動予定、予算決算の承認、会則の一部改正、新役員の選出のほか、青年海外協力隊(JICA)の活動報告を天皇・皇后両陛下の前で行なった会員から当日の模様の紹介、当倶楽部のホームページで知り合った徳島県勝浦町の「かせやまクラブ」の紹介などの報告がありました。

総会終了後は、畑地では春野菜の植え付けと耕転作業、ネギの収穫などを行いました。竹林では古竹の搬出と焼却をしました。

また、思い思いの活動を楽しみ、懇親会の準備にもかかりました。山菜収穫のシーズン盛りを迎え、タケノコを探す人が大勢。セリやゼンマイを探す姿も見受けられました。

12時半からは懇親会を開催しました。懇親会には会員のほか、URの若手職員4名も加わり、総勢27名の参加となりました。ビールやノンアルコールビールで乾杯。テイクアウトのメニューや当日収穫したタケノコ、シイタケ、セリなどの料理、炊き込みご飯などをたのしみました。

懇親会は午後3時に中締め。手土産のタケノコとネギを片手に家路に向かう人や、当日のキャンプの準備にかかる人、懇談を続ける人など、適宜散会となりました。キャンプには7名が参加しました。

活動エリアを使っての初めての総会、懇親会でした。当日は天候もよく、春の心地よい風と若葉の緑に心洗われる一日となりました。

次回の活動予定

次回活動は5月13日(土)です。

4月22日(土)の活動記録

20170402A

総会の受付

20170402B

総会風景(1)

20170402C

総会風景(2)

20170402F

天皇陛下の印象を語る

20170402D

カスミサンショウウオのモニタリング

20170402E

畑の耕転作業

20170402J

親睦会の料理作り(1)

20170402G

親睦会の料理作り(2)

20170402K

親睦会の模様(1)

20170402H

親睦会の模様(2)

20170402I

親睦会の模様(3)

20170402L

みんなで記念写真

2017年4月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、垣見、加藤、児嶋、坂本、杉崎、高以良夫妻、田渕、中川、西田、西村、塗信、橋場、福井、藤原、前田(敏)、 前田(良)、 松尾、松永、宮園(伸)、 宮園(敏)、山村、菅野とUR西日本支社から小栗、高橋、加藤、木村さまが特別参加されました。

◎お知らせ

4月22日の総会で会則の一部改正と役員の改選を行いました。

◎会則の一部改正

◇第7章 会 計 (会計年度)
第13条 この会の会計年度は4月1日から翌年の3月31日までとする。

◇付記条項  (会則第3条2項の細目)
付記条項 会則第3条2項の詳細を以下に定める。
(イ)助成金等の受給は時給単価@1,000を基準とする。
(ロ)会員への支払いは、時給単価@800円もしくは受給金額の80%相当額とする。ただし、作業に伴う昼食代はこの支払額に含むものとする。
(ハ)支払い対象とする作業は、原則として定期活動日(毎月第二・第四土曜日)以外での作業とし、定期活動日の作業には支払いをしない。
(二)支払い対象とする作業は原則として労役提供とするが、必要に応じて準備作業、資料作成、打ち合わせや現地案内などを対象とする場合がある。
(ホ)本条項改定の内容は2017年5月1日より実施する。

◎選出された新役員

会 長  菅野伸也
副会長  垣見究悟、大坪政美
幹 事  和泉蔚、加藤育生、坂本七生、橋場義彦、 前田敏機、前田良作
会 計  松尾匡
会計監査  宮園伸也、大森信彦

 

立木の伐採を進める

鹿背山倶楽部ニュース 2017年4月-(1)号

春の献立を楽しみました

今にも雨が降りそうな空模様の中、鹿背山俱楽部4月度活動(その1)を4月8日(土)、13名の参加で行いました。

活動エリア周辺ではハナモモやサクラが咲き揃い、竹林ではタケノコもぼつぼつ姿を現わせ始めています。ビオトープではメダカやオタマジャクシが泳ぎ回っています。いよいよ春本番となりました。

畑では春野菜の植え付け準備とサトイモの植え付けを行いました。またワケギの収穫もでき、これは参加者の手土産としました。

水田では苗代の準備を行いました、次回の活動日に籾の播種をする予定です。

竹林整備は現在進めている東側谷筋の整備を行いました。今回は立木の伐採を一斉に行なったほか、古竹の搬出、焼却も進めました。

2月に伐採しておいたシイタケのホダ木に菌打ちもしました。約400個ほどの作業でした。

昼食は初もののタケノコと差し入れのワラビを使って山菜そばを作りました。また、生育して結球する前の若いハクサイと花芽が美しい畑ワサビを使ってサラダとしました。

春の献立が揃い始めると、ご飯にもそれらしい雰囲気が欲しくなります。今が旬のタイの切り身を使って、ご飯と一緒に炊き上げ、軽く塩をまぶした桜の花を添えて、桜鯛の鯛めしと洒落てみました。

次回の活動予定

次回は4月22日(土)です。
午前10時から総会、12時半から親睦会を行います。作業としては籾の播種、タケノコ堀リなども予定しています。大勢の参加お待ちしています。

4月8日(土)の活動記録

201704D

桃と桜の花

201704E

筍見つけた

201704B

苗代作り

201704C

椎茸の菌打ち

 201704F

谷筋の立木伐採

201704A

谷筋の整備

201704H

昼食は春爛漫セット

201704G

作業後の懇談

2017年4月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、加藤、坂本、西田、西村、前田(敏)、宮園(敏)、田渕、橋場、松永、松尾、菅野でした。
 

お知らせ

お次回活動日は、午前10時から総会、12時半から親睦会を開催します。
それに伴い、当日電車などで来られる方にはお迎えをします。9時30分に木津駅(東口)での待ち合わせになりますのでご利用ください。
 

カスミサンショウウオの卵が10個確認できました

鹿背山倶楽部ニュース 2017年3月-(2)号

「保全回復事業」認定を受ける

なかなか本格的な春の到来とはなりませんが、皆さまいかがお過ごしですか。

鹿背山俱楽部では、3月度活動(その2)を3月25日(土)に15名の参加で行いました。開始時刻には気温も上昇し、気持ちのよい活動日和となりました。

カスミサンショウウオの卵も10個を確認することができました。カエルの卵もふ化してオタマジャクシとなり池の中を泳ぎ廻っています.鹿背山俱楽部では、京都府環境部自然環境保全課から「カスミサンショウウオ保全回復事業」の認定を受け、3月14日付で認定証が発行されました。

畑では春野菜の植え付け準備をしましたが、草取り作業が中心となりました。水田では2回目の耕転作業を行い、苗代の準備と水路の泥上げ、補修を行いました。

竹林では、活動地東側谷筋の伐採と排水路作りを継続しました。伐採竹、古竹の搬出や焼却を行いました。

休憩所の建て替え作業も行いました、まだ骨組みだけですがこれからの完成が楽しみです。

ワケギの収穫ができました。参加した会員から「ワケギのぬた」のご所望がありましたので、ゆでだことワケギでぬたをつくりました。トマト風味の鶏と野菜のスープ、即製の山菜ごはんも準備しましたが、山菜の収穫にはもう少し時間をかかりそうです。

次回の活動予定

次回の活動日は4月8日(土)です。
夏野菜の植え付け準備、しいたけの菌打ち、竹林整備、休憩所のたてかえ作業などを行います。

3月25日(土)の活動記録

201703-2C

カスミサンショウウオの生息池

201703-2E

カスミサンショウウオの卵魂

201703-2G

田んぼの水路整備

201703-2B

田んぼの耕転作業

201703-2H

古竹と廃材の焼却

201703-2A

休憩所の建て替え作業

201703-2D

東側谷筋の整備

201703-2F

昼食の配膳

2017年3月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、大坪、大森、垣見、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏)、福井、宮園(敏)、杉崎、松尾、菅野でした。

◎鹿背山俱楽部総会のご案内

お知らせしておりました通り、鹿背山倶楽部の2016年度総会を4月22日(土)に現地の活動エリアで開催します。
4月22日(土)当日のスケジュールは次の通りです。
◆現地集合 午前10時
◆10時~11時  鹿背山倶楽部 2016年度定期総会
◆11時~12時半 定期活動(モミ播きなど)ならびに懇親会の準備
◆12時半~15時 懇親会
◆15時~     二次会とキャンプ(希望者のみ)
総会は午前10時からの開催です。
懇親会は昼食時開催となります。
いずれも会場は活動エリア現地です。お間違いのないように。

◎総会、懇親会の出欠を確認します

総会、懇親会などの出欠を確認します。
◆会員あてにお送りしたメールへの返信をクリックして総会(参加/不参加)、総会後の
懇親会(参加/不参加)、現地キャンプ(参加/不参加)の欄に◎をつけてご返信くださ
い。
◆総会に欠席の場合は、出欠確認表の下にある委任状の記名欄にお名前を記入してご返信
ください。
※総会開催時に、来年度の会費(3000円)を徴収します。当日ご持参下さい。
懇親会の参加費は男性2000円、女性1000円です。当日申し受けます。


 

カスミサンショウウオが産卵に来ています

鹿背山倶楽部ニュース 2017年3月-(1)号

休憩所の建て替えを進めました

3月に入り鹿背山の活動地にはカエルの卵(オタマジャクシ)が沢山見受けられる様になりました

鹿背山俱楽部では3月11日(土)に、3月度活動(その1)を19名の参加で行いました。また今年も「カスミサンショウオ」が産卵に来ています。今のところ、カスミサンショウウオ卵を4個確認しています。これからが楽しみです。

活動地では休憩所の建替え作業を行いました。今回の作業は骨組みの一部の立ち上げでしたが、次回作業は屋根部の施工になります。危険が伴いますので、怪我の無い様に気をつけて作業を行いたいと思います。

畑では大根を収穫した跡地の片付けをしました。また、休耕田を畑とするため、堆肥入れ、畝作りなどを行いました。新しい畑の耕作は着々と進んでいます。

水田では耕転作業と、水路と漏水箇所の修理を行いました。苗代作りとその後の田植えが始まる時期もまもなくです。

竹林の整備も進んでいます。現在は果樹園上部の田んぼ跡地で作業を進めています。今回は古竹の搬出と焼却を行いました。また湿地帯を乾燥させるため、排水路整備も行いました。

昼食は、カレースープと鶏炊き込みご飯でした。カレースープは、この時期貴重な露地物野菜、大根を使いました。新鮮な大根の葉は、鶏炊き込みご飯に混ぜ込んで青味としました。形はいまひとつでしたが、鮮度の良い露地物の大根です。大変美味しく戴くことができました。

次回の活動予定

次回の活動日は3月25日(土)です、休憩所の建て替え作業と春野菜の植え付け準備、水田の耕転作業等を行います。作業終了後には役員会を予定しています。

 

3月11日(土)の活動記録

201703D

作業前の朝礼

201703C

春野菜の植え付け準備

201703E

古竹の搬出作業

201703B

水路修理

201703A

水田の耕転作業

201703F

排水路作り

201703G

今日の昼食作り

201703H

記念写真

2017年3月「鹿背山倶楽部活動」(その1)参加者

青葉、和泉、大坪、大森、垣見、児嶋、坂本、田渕、西田、西村、橋場、前田(敏)、松永、宮園(敏)、山村、塗信、福井、松尾、菅野でした。
 

お知らせ

鹿背山俱楽部の総会は、4月22日(土)午後、活動地で開催します。当日は午前中に定期活動を行い、午後から総会を行います。
それに伴い、役員会を3月25日(土)午後から、同じく活動地で行います。役員の方は当日ご参加下さい。

ビオトープの修復が終わりました。

 

鹿背山倶楽部ニュース 2017年2月-(2)号

休耕田の畑転用もすすむ

春の訪れが待ち遠しい時期となった2月25日、鹿背山俱楽部の2月度活動(その2)を15名の参加で行いました。

春野菜の取入れが始まるのも、もうまもなくです。畑ではジャガ芋(男爵、キタアカリ)の植え付けをしました。タマネギやネギを植え付けた畝では、草取りと追肥を行いました、

休耕田を畑に転用するための作業も進めました。十分な水抜きを行い、あわせて耕転作業も行いました。大根を収穫することもできましたので、これは会員の土産としました。

ビオトープの修理はしばらくの間ストップしたままでしたが、今回の作業でやっと完成しました、カエルがまた産卵に来ることでしょう。すでに、近くの水溜りには赤ガエルの卵が沢山見受けられます。

竹林の整備は、活動地の東側斜面の排水路作りと竹の伐採搬出を行いました。また、果樹園では下草刈と施肥、剪定を行いました。

昼食は親子どんぶりと汁蕎麦を作りました。露地物野菜の収穫が乏しい時期でしたが、会員から差し入れてもらったハクサイをたっぷり使って具だくさんの汁蕎麦となりました。

次回の活動予定

次回の活動日は3月11日(土)です。
竹林整備、春野菜の植え付け準備,水田の耕転などを行います。

 

2月25日(土)の活動記録

201702-2A

果樹園の下草刈り

201702-2C

ビオトープの修理作業

201702-2B

ジャガ芋の植え付け

201702-2F

休耕田の排水と耕転作業

201702-2E

竹林整備

201702-2D

記念写真

2017年2月「鹿背山倶楽部活動」(その2)参加者

青葉、和泉、垣見、前田(良)、大森、坂本、西田、西村、宮園(伸)、宮園(敏)、松永、橋場、福井、松尾、菅野でした。

お知らせ

鹿背山俱楽部の総会は、4月22日(土)午後、活動地で開催します。当日は午前中に定期活動を行い、午後から総会を行います。
それに伴い、役員会を3月25日(土)午後から、同じく活動地で行います。役員の方は当日ご参加下さい。